SWELL

SWELLを見た目で比較して選ぶな【初心者のためのWordPressテーマ】

初心者安心のWordPressテーマSWELLを見た目で選ぶな
初心者

SWELLのページ、かっこいい
こういうの作りたい

これ、私も思いましたw
でも、この見た目で SWELL を選んではいけません😆

本記事の内容
  • テーマを比べて選ぶ時の判断方法
  • 本当に大事なテーマの比較・選択基準
  • SWELLを選んで良いと思う経験者の意見

本記事では、WordPressを長年使用している私からの意見もご紹介。

WordPress を仕事で使ってる人からみて SWELL ってどう見えるのか、どうしてオススメできるのか。

SWELLは、見た目じゃなくて能力で選んでも初心者さんから中級者、上級者さんまで選んで間違い無しのテーマだとわかります。

また、有料テーマ・SWELL は、一見すると価格が安くないように見えるのですが、実はとんでもなく安いテーマだと認識がひっくり返ることまちがいなしです。

SWELLは、見た目でも能力でも見えない部分でも、選んで損しないテーマの一つです。

この記事を書いた人

技術力はあっても、月1万円すら稼げないへっぽこブロガー。SWELLで分析機能を手に入れて突破できるか?

WP愛だけじゃ生きていけない😂

そよ
そよ

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

SWELLを比べて選ぶ誤った判断方法

Swell の間違った比較基準

まず、テーマを選ぶ時にやってはいけないこと。
それは、

  • 見た目がカッコいい
  • この機能がついているのはこれだけ(その他のテーマだと有料プラグインを買わないといけない)
  • 無料だから

という理由で選ぶことです。

まず、間違いなく後悔します
その理由を説明します。

なぜSWELLの見た目のかっこよさを比べて選んだら駄目?

理由はめちゃ簡単です。それは、

サンプルテーマの見た目の良さは、見た目が良いように作られている

からです。

例えば、服を選ぶ時を想像してください。

店舗や雑誌でみて、実際に自分で着て選んだりしますよね?

それって、他人にぴったりなコーディネートであって、自分ではないなあ、って体験ないですか? 全く同じ格好をした人とかいたらどうでしょう?

これをブログに当てはめてみます。

初期のデザインのまま使う人はほとんどいないと思うので少しカスタマイズします。
たったそれだけでも、たとえ同じカッコいい SWELL のテーマを使っても、ぐちゃぐちゃなページになってしまいます。

ブログ記事といえど配色やデザインは難しいです。
なので、見た目で選んではいけません。

なぜ SWELL の機能で選んだらだめ?~私の失敗談

恥ずかしいですが私の失敗談を晒します😅。

とある有料テーマ(SWELLより少し安い)が、ブログ内の記事をフィルター検索できる機能を付けて販売を始めました。

旅行チケットとか不動産選んだりとかする時に、チェックをいっぱい付けて検索する、たぶん、あなたも一度は使ったことあるのではないでしょうか。

今まで、文字検索だけだったので、かなり画期的でした。
自分で作ろうとしたのですけど、あれこれ考えると買ったほうが早くて安くすむと思って買ったのですが、これが大失敗。

ビジュアルは良かったんですよ。
自分の使いたい機能も使えるんです。
検索対策なども当時としてはよく作られてた。

だけど、操作性や安定性がまるで良くなかった

当時はまだこれほどブログが流行ってなかったので情報も少なかったのもありますが、これは致命的でした。

さらに、ユーザーをフォローする体制が整っておらず、サポートはほとんど役に立ってませんでした。

結局、このままでは使えないと判断し、高額なテーマはお蔵入りしたのでした。

なので、これからSWELLを買おうかなって思っている人は、

「あ、この機能素敵」

とかだけでは判断して購入しないでくださいね😆。

そよ

結局、フィルターするためだけにプラグインを購入しました。😅

VK Filter Search Pro

なぜ 有料テーマ SWELL ではなく、無料テーマを選んだらだめ?

これまた私の失敗談をご披露しますw

世の中にとっても良い無料テーマって本当にたくさんあります!
日本製だけじゃなくて海外製なんてデザインも素敵です!
私も、とあるテーマを利用して、大満足でした。

自分でカスタマイズもできるし、自分好みに作り上げられるのです。
しかも検索対策に強い(自分も強くした)。

が、このテーマ、WordPress のバージョンアップについていけず、途中で開発が止まってしまいました

どうしてこれが問題なのか。

それは、WordPressの新しい機能が使えなくなる(正確にはうまく対応できなくなる)ことと、セキュリティが甘くなるということです。

Gutenberg とか WordPress のスタンダードになるって言われているのに対応しないなんて。

これが有料ならありえないことです。

Windows や Mac のセキュリティアップデート、必ずしますよね?
OSも数年経てば、新しいのにしないとな?、って思いますよね?
それができないとリスクを抱えるしか無いです。

無料テーマ Cocoon は別格

ただし、例外的に無料でもすごいテーマは存在します。

有料テーマ SWELL を金銭的な理由で選べないなら、まずは Cocoon 一択と言い切れます
ただし、Cocoonを選ぶ大きな問題は「初心者には少し難しい」ところです。
正直な話、今の Cocoon は機能が山盛りで、玄人好みな設計なのです。

ここでは Cocoon については割愛しますが、もし SWELL を選べないなら Cocoon と覚えておいてくださいね。

そのうち、Cocoon についてもご紹介記事を書きます。

以上が、

  • 見た目がカッコいい
  • この機能がついているのはこれだけ(その他のテーマだと有料プラグインを買わないといけない)
  • 無料だから

というレベルでテーマを比較して選ぶと、絶対に後悔する理由です。

次にそよ的なテーマの比較・選択基準をご紹介します。

SWELL選択基準~本当に大事なテーマの比較

Swell を比較する大事な基準

では、SWELL を選ぶべき本当に大事なテーマの比較・選択基準についてご説明します。

本当に大事なテーマの比較・選択基準
  • サポート有無
  • アップデート回数
  • 表示スピード

他にもあるけど、この3つに絞りました。

SWELLはフォーラム~テーマのサポート有無を比較する

初心者だろうとプロだろうと、サポートは絶対に大事です
だから、SWELL に限らず、気に入ったテーマについてのサポート体制は、必ず調べてください

WordPress SWELL サポート 評判

こんな感じで検索かけると、ズラッと出てきますので。

そよ

ただ、これも当たり前なのですけど、100%満足ってないはずです(逆にあると怖い)。調べて7~8割好評で良いかと。

ちなみに、SWELL は購入者同士のフォーラムによる助け合いがメインです。

フォーラムは苦手な人はいるかもしれないですね。

特に初心者だと、何がどうなっているのかわからないし、どういうふうに質問したらいいのか分からないですからね。

プロもお客さんの状況を把握するためにあれこれ質問して、問題点を探していきますから、結構時間がかかります。(すべてあっさりと終わればいいのですが)

そよ

最初は怖いかもですが、勇気を持って質問してみてくださいね。

サポートなしという有料テーマもあります。
これは上級者以外は選ばないほうが良いです。

テーマづくりが本職ではない人が作ったテーマも危ない
いつまで面倒見てもらえるか不明だし、技術的にも不安ですよ。

SWELL は月2回ほど~テーマのアップデート回数比較

月に1度は欲しい。半年以上放置は論外。
アップデートが多い=悪い、ということではないです

完璧なテーマとか絶対にないし、使われいくうちにどんどん判明していくものです。
あと、要望に応えて機能を追加したりする時も更新されます。

問題は、それらに対してテーマ製作者がスピード対応できるかどうか、です。

SWELL のアップデート頻度は月1~2回。

私の他に使用しているテーマは、月に数度のアップデートをするものもあれば、年に数度するかしないかというテーマも。

せめて月1回くらいはあるだろう、というのがそよ的考えです。

SWELLやその他テーマのアップデート情報の比較

参考までにSWELL以外のテーマの更新情報が得られる場所をご紹介します。利用していれば、WordPressのお知らせに届きますけど、そうでない場合はわからないですよね。

SWELL はスピード対策済み~テーマの表示スピード比較。でも・・・

ページがいつまでも開かないと別ページへ移動。
これ、あなたもしたことあると思います

SWELL の表示スピードは早く改良されていますし、実際に早いですが、
私達書き手側の作り方次第で、スピードはどんどん遅くなります。

ブログ記事を公開したらページスピードを調べられるサイトでどれくらいのスコアなのか調べる癖をつけましょう。

似たような記事パターンの場合は良いですが、異なるパターンで作った場合は調べておくのをオススメします。

調べるときは、キャッシュを削除したり色々と条件を揃えたほうが良いですが、面倒くさい場合は、そのまま調べてみてください。

特にモバイルでのスピードは大事です。

そよ

90点以上が理想ですが、まずは70点以上あればOKと思ってよいかと。

以上、まとめると

本当に大事なテーマの比較・選択基準

  • サポート体制
  • アップデート回数
  • 表示スピード

WP歴長く、失敗も沢山してるので、参考になれば幸いです。

SWELL の広告機能とか秀逸なので、この記事を読み終わったらぜひ関連記事で確認してみてください。

SWELL で比較しなくても良い当たり前のこと

Swell 比較しなくても良い

SWELL に限らず、テーマを選ぶ時に色々と比較される、というか言われるほとんどのデメリットは、あなたのデメリットではないです。

様々なサイトで書かれている SWELL のデメリットを少しだけ列挙してみます。

  • 価格が高い
  • AMPに対応していない
  • デザインが被る
  • 個人開発によるリスクが心配
  • 情報少ない
  • CSSをいじりづらい

などなど。
注意してほしいのは、

書かれているデメリットは、その人の状況、技術レベルによって変わってくるので、すべて自分に当てはまるわけではないです

そよ

上級者向けの機能や細かなカスタマイズを望むなら、Lightning G3THE THORなどを自分なりに使いこなせばよいわけです。

この中で、初心者さんが気にするところを絞ると、

  • 価格
  • デザインかぶり

この2点くらいではないでしょうか?

そよ

情報少ない、と挙げられているサイトもあります。ですが、2022年9月現在の状況をみると、フォーラムも動いているし、Web 上には SWELL ユーザー による細かな情報が沢山見つかります。問題ないです。

SWELL は他テーマと比較して価格が高くない

買い切り型とサブスクリプション型

SWELL が仮に安くなったとして。

  1. 9800円(1年)のサブスクリプション。
  2. 12000円(買い切り、別サイト利用可、サポート別料金(1件5,000円)
  3. 14000円(買い切り、別サイト利用不可、その他条件つき)

どの条件だと購入しますか?

SWELLは現状、

  • 17,800円(買い切り、サポートあり、永久アプデあり、複数サイトで利用OK、極上の使い心地)

流行りのサブスクにすれば価格は抑えられるかもだけど毎年支払います。
サブスクやめたらテーマは残るかもだけど、新機能追加や不具合修正は受けられません

先にも書きましたが、完璧なシステムってなくて、必ず不具合は見つかります
そして、機能改善、新機能追加と少しずつ進化していきます。
WordPressも今後どんどんバージョンがあがっていきます。

そよ

この先のことを考えると、SWELLのテーマ料金は言われるほど高額に感じないのではないでしょうか。

この価格設定は、初心者さんにも開発者の了さんにも程よい設定です。

複数サイトで利用可能

もう一つ、初心者さんにとって高くないといえる理由は、複数サイトで利用可能な点です。

なぜこれが初心者さんにとっての理由になるのか。
それは、

必ずといっていいほど複数サイトを立ち上げることになるから

テーマに投資するということは、十中八九、アフィリエイトで副収入を得たいと思っているはずです。

一発でガンガン稼げる人も居ますが、そうでない人も多いです。
作り直したり、趣味のブログを作ったりする人もいます。
その時に、編集しやすい SWELL を使っても良いのです。

10個のサイトを作って1個が当たるかもしれない。
そういうふうに、どんどん使っていけます。

最初は、自分が複数ブログなんて・・・と思うかもですが、
サーバーも契約してるなら、数クリックで新しい WordPress サイトが作れますからね。

よく耳にするテーマの料金と比べて、まだ高く感じますか?

SWELL は比較的デザインが被りやすい

初期設定のまま作れば、まず間違いなく被りますね。

そうでなくとも、装飾のパターンは限られているわけですから、必ず似たようなページになるものです。

でもこれは、SWELL に限らずすべてのテーマで言えることです。
そして、似通ったページが増えているということは、SWELL のユーザーが増えているということ。

人気の裏返しですね。
なので、デザインが被ることをそれほど気にすることはないです。
ましてデメリットとするべきでもありません。

訪問者の役に立って読みやすいページを作りましょう
そのために初心者でも上級者でも使いやすい仕組みが SWELL にはありますよ。

以上、SWELL 価格とデザイン被りは気にしなくても良い、ということがおわかりいただけたと思います。

SWELL を比較しながら使ってみた経験者の意見

Swell 比較 何が大事?

今、初心者さんで。
今後、ずっと WordPress を利用していくとして。

SWELL を使い続けていけるだろうか?

数え切れないくらいテーマやプラグインを利用してきている私がみても
SWELL というテーマは個人開発とは思えないほどよくできていると感じる。

ひとえに開発者の了さんの技術力とテーマに対する考え方なのでしょう。

WordPress で本当に実現したいことは・・・

やりたいことってみんなバラバラだと思います。

  • HTML や CSS で記事をかっこよくしたい?
  • 自分の書いた記事を多くの人に読んでもらいたい?
  • 広告収入を得たい?
  • 検索結果で上位表示をしたい?

こういう利用者の気持ちをうまく汲み取りつつ、
SWELL は、

気持ちよく文章を書ける/編集できる

というところに重点を置いたテーマにしています。

SWELLの編集はWordのようにグラフィカル。

数多くのテーマをみてもわかるように、
装飾のほとんどは文字ベース。

それを段落ブロック選択の時点で
視覚的に装飾を選びやすくしているのは秀逸。

それゆえにパターンを最小限に絞らなくてはならないのは
ある意味、便利さとのトレードオフですね。

SWELL は基本テーマとして持っておく

先にも少し触れましたが、
アフィリエイトをしようがしまいが、
二つ目、三つ目のブログを持ちたいと
思うようになります。

その時、1つ目のブログ記事作成で苦労すると
その後が億劫になりかねません。

あ、これなら SWELL でこうやったらできるわ、
あ、これは SWELL で真似できるね、
と経験値が溜まってますから。

SWELL を使いまくって使いこなせるようになりましょう!

書くことの時間を省力化した後

SWELL で気持ちよく文章を書くことができ、
時間を省力化できます。
その後に何をするべきか。

  • アフィリエイトの知識をつける
  • 検索対策の知識をつける
  • マーケティングの知識をつける

こういう大事なところに改めて時間を割けます

文章を書いてすぐに稼げればいいのだけど、
まあ、十人が十人大成功ということはないので。

SWELL を選んで間違いありません。
とくに初心者さんであればなおさらです。
どんどん書いて経験値を貯めていきましょう。

今のテーマで満足されてない場合

ブログを始めたてなら、記事が少ないうちに SWELL へお引越しをオススメします。
記事が多いと移行時の手間も大変です。

SWELL にはお引越しプラグインがあります。

とても秀逸なプラグインで、こちらの SWELL と JIN の比較記事でも説明しています。

その他の主要なテーマからも簡単にお引越しできます。

JINから SWELL へ移行したページについては、こちらの記事をご参考ください。

ただし、お引越しした時は次の点に注意します。

  • 今のテーマで使っていたプラグインと SWELL 非推奨のプラグインが被る場合は止めないといけない
  • 装飾系プラグインで作られたものは、少しずつ SWELL 本体の装飾に置き換え、そのプラグインは最終的に削除する

最初から有料テーマで始める方って少ないから、
こういうふうに途中からテーマ変更するケースが多いと思います。

将来、テーマを変更するかも?って思ってるなら
せめて今使っているプラグインの数を増やさないこと、
できれば減らしておくこと
って大事なことです。

SWELL を見た目で買ってはいけないまとめ

Swell 比較まとめ

有料テーマ SWELL を買う時にやってはいけないことのまとめです。

  • 見た目がカッコいい
  • この機能がついているのはこれだけ(その他のテーマだと有料プラグインを買わないといけない)
  • 無料だから

ブログを書き続けるぞって思ってるなら、
余計なことにあまり時間を取られず
気持ちよく記事を書きたいのであれば
目をつぶってでも SWELL を選んで問題ない
です。

沢山の機能がありますと言われても
そのすべてを使うわけでは有りません

むしろ、絞り込まれたほうが
デザインや配色で悩む時間を
短縮できるというものです。

その他、気になることがありましたら
Twitter をフォローしてお声がけください

時間があれば、SWELL を動かしながら
お答えできるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!