1. Home
  2. /
  3. テーマ
  4. /
  5. Lightning
  6. /
  7. Lightning Pro コンテンツエリア上部
Lightning

Lightning Pro コンテンツエリア上部

コンテンツエリア上部

Lightning Pro 初期設定時には、この部分は見えない設定になっています。

コンテンツの上部に情報を表示させたい場合は利用できるように設定をしましょう。

■ページ作成時のバージョン情報:
WordPress 5.5 / Lightning Pro 6.5 〜 7.3

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

コンテンツエリアとは

コンテンツエリアとは、ページのコンテンツが表示される場所のことです。

ホームページ設定が【最新の投稿】になっている場合、

コンテンツエリアとは、下図7の部分になります。

ボディ部の設定
コンテンツエリアの場所

先の説明で、ホームページ設定が【最新の投稿】の場合は7が消せないと説明しました。

この7の部分がコンテンツエリアに当たるため消せないのです。

コンテンツエリア上部を表示させる

コンテンツエリア上部を表示させる方法です。

①【ダッシュボード】→【外観】→【カスタマイズ】

カスタマイズ画面へ移動する
カスタマイズ画面へ移動する

②【カスタマイズ】→【ウィジェット】をクリックする

ウィジェット設定
ウィジェット設定を開く

③【トップページコンテンツエリア上部】をクリックする

ウィジェットを追加する
ウィジェットを追加する

トップページコンテンツエリア上部に3PRを表示してみる

3分割してPRを表示させるのは、ウィジェットで表現できます。

3PRに写真を使用したい場合は、こちらのほうが良いです。

トップページのPR Blockをウィジェットで表現した例
トップページのPR Blockをウィジェットで表現した例

もちろん、その他のウィジェットを利用して情報を表示させることもできます。

面白いウィジェット〜固定ページ本文表示

上記の写真入りの3PRは、【固定ページ本文表示】というウィジェットを使用しています。

固定ページの本文だけを表示させることのできる面白いウィジェットです。

これを使うメリット

  • ウィジェットに書いたものは消えるけれど、固定ページで作ったものは残せる
  • ウィジェットに書き込んだコンテンツよりも修正や管理が楽

Pro版を利用すると、なぜか初期設定ではオフになっているので使えるようにする必要があります。

■固定ページ本文表示を有効にする方法

固定ページ本文表示を有効にする
固定ページ本文表示を有効にする

実際に、コンテンツエリア上部にPR Blockを入れてみましょう

トップページコンテンツエリア上部に3PR Blockを表示させる

①固定ページを用意する

固定ページを新規に作る
固定ページを新規に作る

②ページタイトルを入力する

ページタイトルを入力する
ページタイトルを入力する

③ページ設定を変更する

ページ設定を変更する
ページ設定を変更する

④PR Blocksを選ぶ

PR Blocksを選ぶ
PR Blocksを選ぶ

⑤PR Blockにデータを入力する

PR Blockにデータを入力する
PR Blockにデータを入力する

※画面の右側に写真やテキストの入力項目があります。

⑥公開する

⑦次に作成した固定ページをウィジェットで指定します。

VK固定ページ本文をウィジェットエリアへ移動させる
VK固定ページ本文をウィジェットエリアへ移動させる

ボックス内の指定は下記の通り。

タイトルは入れなくても大丈夫ですが、わかりやすくするために入れてます。

必要な項目を確認して保存する
必要な項目を確認して保存する

これで作成した固定ページの本文だけを表示させることができました。

この方法は、応用範囲が広く大変便利ですよ♪

なお、Pro版は、アイテム数を自由に増やせるアイコンカードブロックが利用できます。

結構使い勝手が良いので、Pro版は本当にオススメです。


WordPressテーマ

Lightning Pro


Vector,Inv.社の企業サイトに最適なサイトづくりができるテンプレート。無料版とプロ版があり、プロ版は「ああ、これが欲しかった」という機能が盛り込まれており、大変オススメ。

ライセンスは一年間、次年度以降は更新してもしなくても利用し続けることはできます。更新した場合は、引き続き製品のアップデート、フォラム参加の権利があります。

デモ版も体験できます。

くわしくは、公式サイトホームページをご覧ください。

Lightning WordPress Theme

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!

 

そのほかにも沢山ありますよ♪

PAGE TOP