1. Home
  2. /
  3. テーマ
  4. /
  5. Lightning
  6. /
  7. Lightning Pro トップページコンテンツ(最新記事一覧)
Lightning

Lightning Pro トップページコンテンツ(最新記事一覧)

Lightningのトップページ設定について

Lightning Pro のホームページ(トップページ)作成について、固定ページと投稿ページについて解説します。

■ページ作成時のバージョン情報:
WordPress 5.5 / Lightning Pro 6.5 〜 7.3

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

設定の違い

Lightning Pro のホームページ(トップページ)設定の違いは次の通り。

  • 【最新の投稿】にした場合、最新の投稿欄が表示されます。
  • 【固定ページ】にした場合は、白紙のコンテンツが表示されます。

ここでは、どちらにするかの判断基準、設定などについて説明します。

用途に応じて判断するべきホームページ設定

次のような場合は、ホームページ設定を【固定ページ】にしたほうが良いです。

  • ブログを投稿する予定がない
  • 自由に作りたい

ひとつずつ説明します。

ブログを投稿する予定がない

実際にこのようなケースも多いかと思います。

投稿する予定がないのであれば、最初から【固定ページ】で作りましょう。

今までの説明を読まれていれば、同じように作ることができます。

さらにいえば、将来的にブログをするかもしれないという場合でも、

ブログの更新情報はウィジェットで追加することができます。

自由に作りたい

ホームページ設定が【最新の投稿】の場合、自分で自由に作れる場所が少ないです。

ウィジェットでやりたいことをすべて実現できればよいのですが、なかなかそうもいかないです。

いくつかやってみてうまくいくか確認してみましょう。

どうしても実現できない場合、最初から【固定ページ】をトップページに設定しましょう。

トップページの最新の記事一覧を非表示にする方法

ホームページ(トップページ)設定を、【最新の投稿】にしている場合。

以下の方法で、最新の記事一覧を非表示にすることができます。

①【カスタマイズ】→【Lightning デザイン設定】

Lightningデザイン設定を開く
Lightningデザイン設定を開く

②【トップページでデフォルトの投稿リストや固定ページを表示しない】にチェックする

Lightning デザイン・その他の設定
Lightning デザイン・その他の設定

このオプションの存在理由

ウィジェト【LTG Media Posts BS4:最近の投稿】を利用したほうが見栄えの良いものがすぐに作れるからだと思います。

これはPro版のみのウィジェットですが、いろいろな表現方法を簡単に設定することができます。

おわりに

いかがでしたか?

トップページの設定をどうしようかと迷うことあると思うのです。

その理由の一つが、最新の記事一覧などを表示させることができるか、できないか。

Lightningでは、あらかじめウィジェットで用意してあります。最初は投稿ページでカスタマイズしてみて、それ以上やりたいことができたら、固定ページで実現するのが良いです。


WordPressテーマ

Lightning Pro


Vector,Inv.社の企業サイトに最適なサイトづくりができるテンプレート。無料版とプロ版があり、プロ版は「ああ、これが欲しかった」という機能が盛り込まれており、大変オススメ。

ライセンスは一年間、次年度以降は更新してもしなくても利用し続けることはできます。更新した場合は、引き続き製品のアップデート、フォラム参加の権利があります。

デモ版も体験できます。

くわしくは、公式サイトホームページをご覧ください。

Lightning WordPress Theme

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!

 

そのほかにも沢山ありますよ♪

PAGE TOP