1. Home
  2. /
  3. テーマ
  4. /
  5. Lightning
  6. /
  7. 【完全解説2020】Lightning Proの基本画面構成紹介
Lightning

【完全解説2020】Lightning Proの基本画面構成紹介

Lightning-perfect-guide-cover

Lightningの画面はどんな感じで、設定はどんなことができるのか。初めてテーマを触る時、設定のしやすさなども気になるところです。

そこで、Lightning Pro の画面構成、更新する場所、無料版との違いについてまとめてみました。

部分部分で知りたいところがすぐに調べられます(そのはず!)。

ぜひご活用ください。

■ページ作成時のバージョン情報:
WordPress 5.5 / Lightning Pro 6.5 〜 7.3

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

画面構成

Lightningの画面構成がわかるように区切ってみました。

まずは初期設定の画面設定について確認しましょう。

lighting-pro-default-page
Lightning の導入時初期画面
  • スクリーンショットは、トップページの初期レイアウト状況です。
  • トップページは、「最新の投稿」または「固定ページ」の選択ができます。
  • 購入時の設定は「最新の投稿」になっています。

トップページの設定は、【カスタマイズ】→【ホームページ設定】にて確認できます。

以下、Lightning Pro の初期設定から各部位の特徴などをまとめてあります。

ヘッダー部

ヘッダー部は下記のパーツで構成されています。

lightning-pro-header
ヘッダー部分

ヘッダー部説明を確認する

1.Lightning ヘッダー上部設定

  • 更新場所:【カスタマイズ】→【Lightning ヘッダー上部設定】
  • 無料版にはありません

この部分の設定を確認する

2.Lightning ヘッダー設定

  • 更新場所:【カスタマイズ→【Lightning ヘッダー上部設定】
  • 無料版は、【カスタマイズ】→【サイト基本情報】

この部分の設定を確認する

3.Lightning キャンペーンテキスト

  • 更新場所:【カスタマイズ】→【Lightning キャンペーンテキスト】
  • 無料版にはありません。

この部分の設定を確認する

そらまめ

基本画面には表示されていませんが、ヘッダー部の作りは個人ブログだけでなく、会社サイトにも役立つ機能が盛り込まれています。

4.Lightning トップページスライドショー

Lightningはトップページスライドショーが組み込まれています。最近はビデオが埋め込まれているサイトも多いですが、ビデオは対応していません。

lightning-pro-slideshow
スライドショー
  • 更新場所:【カスタマイズ】→【Lightningトップページスライドショー】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • 表示・非表示の設定ができます。
  • 5枚スライド画像を指定できます。
  • 推奨画像サイズ: 1900×600px

この部分の設定を確認する

ボディ部

lightning-pro-body
ボディ部

ボディ部の説明を確認する

5.Lightning トップページ PR Block

  • 更新場所:【カスタマイズ】→【Lightning トップページ PR Block】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • PR Blockを別の場所で利用するには、ウィジェットを利用します。
  • 表示・非表示の指定ができます。

この部分の設定を確認する

6.コンテンツエリア上部

  • 更新場所:【外観】→【ウィジェット】→【トップページコンテンツエリア上部】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • 複数のウィジェットを配置できます。

この部分の設定を確認する

7.最新記事一覧

  • 購入時設定でホームページ設定が「最新の投稿」の場合には、必ず表示されます。
  • 削除することはできません。

この部分の設定を確認する

8.サイドバー

  • 更新場所:【外観】→【ウィジェット】→【サイドバー共通上部】、【サイドバートップページ】、【サイドバー共通下部】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • 複数のウィジェットを配置できます。

この部分の設定を確認する

そらまめ

トップページのデザインを1カラム(1列)表示にした場合は、サイドバーの位置が変化・または非表示になります。

フッター部

フッター上部とフッター部を併せてフッター部として紹介します。

lightning-pro-upper-footer
lightning-pro-footer

フッター部の説明を確認する

9.フッター上部

  • 更新場所:【外観】→【ウィジェット】→【サイドバー共通上部】、【サイドバートップページ】、【サイドバー共通下部】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • 複数のウィジェットを配置できます。

この部分の設定を確認する

10.フッターウィジェットエリア1〜3

  • 更新場所:【外観】→【ウィジェット】→【ウィジェットエリア1】、【ウィジェットエリア2】、【ウィジェットエリア3】
  • 無料版も同じ設定場所です。
  • 最大6つまでエリアを増やせます。
  • 複数のウィジェットを配置できます。

この部分の設定を確認する

11.Lightning フッター設定

  • 更新場所:【カスタマイズ】→【Lightning コピーライト設定】
  • 無料版にはありません。

この部分の設定を確認する

まとめ

いかがでしたか?

最初はどの部分をどこで変更したら良いのかを把握するのに時間がかかると思います。

その時間が少しでも減って、やりたいことがすぐにできるようになると嬉しいです。


WordPressテーマ

Lightning Pro


Vector,Inv.社の企業サイトに最適なサイトづくりができるテンプレート。無料版とプロ版があり、プロ版は「ああ、これが欲しかった」という機能が盛り込まれており、大変オススメ。

ライセンスは一年間、次年度以降は更新してもしなくても利用し続けることはできます。更新した場合は、引き続き製品のアップデート、フォラム参加の権利があります。

デモ版も体験できます。

くわしくは、公式サイトホームページをご覧ください。

Lightning WordPress Theme

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!

 

そのほかにも沢山ありますよ♪

PAGE TOP