1. Home
  2. /
  3. テーマ
  4. /
  5. Lightning
  6. /
  7. Lightning Pro フッター部
Lightning

Lightning Pro フッター部

フッター部の設定

ページ構成の下部をフッターといいます。

Lightning Pro のフッター構成は管理できるところが別れており、利用者による使い勝手の向上を図っています。

■ページ作成時のバージョン情報:
WordPress 5.5 / Lightning Pro 6.5 〜 7.3

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

フッター部の概観と特徴

ページの最下部にフッター上部というエリアが設けられています。

フッター上部設定
フッター上部設定
フッターエリア
フッターエリア

特徴

フッター部の特徴は次のとおりです

  • フッター上部ではアーカイブ・カテゴリ・メタ情報が表示されています。
  • フッターウィジェットエリアは、3つに区切られています。
  • 9〜11は、すべてのページに表示されます

フッター上部

フッター上部は1カラム全幅で利用することができます。

組み合わせで色々なことが表現できる場所ですね。

特徴

一番大きな特徴は、

  • 全ページ共通で表示される

ことです。

もちろん、ウィジェット設定で制限かけている場合は別ですよ。

次に、

  • 全幅で利用できる

ことです。

ページコンテンツ最下部なので利用するにはコツがいりそうです。

お問い合わせ、地図、メルマガ登録、CTAなどなど。

フッター部は予め3分割されています。

設定で最大6分割まで可能です。

この部分には、

  • 記事のアーカイブ
  • カテゴリー
  • タグ
  • 地図
  • プロフィール
  • SNSタイムライン

などに利用されることが多いです。

設定できる項目

フッター部は、見え方の設定を変更することができます。

①どのページでも良いので、画面上部のカスタマイズをクリック

カスタマイズページへ移動する簡単な方法
カスタマイズをクリックする

②【カスタマイズ】→【Lightning フッター設定】

フッター設定
フッター設定

フッター設定項目一覧

項目説明
フッター背景色フッター(線以下)の背景色を設定します
フッター文字色フッター内の文字色を設定します
フッター背景画像背景画像を指定できます
フッター背景画像の繰り返し背景画像を縦横方面へ繰り返し表示させることができます
フッター背景画像の位置背景画像の位置を変更することができます
・カバー・・・画像を全幅表示します
・下・・・・・画像の中央部分を中央へ表示します
・左下・・・・画像の左下を画面左下に併せて表示します
・右下・・・・画像の右下を画面右下に併せて表示します
フッター上部ウィジェットの余白フッター上部を利用しない場合にできる余白を削除できます
フッターウィジェットエリア数横列数を1、2、3、4、6列のいずれかを設定できます。
*新しく追加されたエリアは、
【ウィジェット】→【フッターウィジェットエリア】から設定できます。
フッターの設定一覧表

ウィジェット使いのポイント

それは、余白を無駄に埋めないことです。

サイトを作りはじめのころは、何を表示したら良いか不明な場合が多いです。

その場合は、

・いろいろなウィジェットを種類、順番などを変えて試してみる

・何も表示しない(ページスピード表示に貢献)

という選択肢もあることを覚えておいてください。

WordPress、楽しみましょう♬

コピーライト設定

ページの最下部には、基本設定でコピーライトが表示されます。

①カスタマイズページへ移動

カスタマイズページへ移動する簡単な方法

②Lightningコピーライト設定へ移動

フッター文言の設定場所
フッター文言の設定場所

おわりに

いかがでしたか?

各部分での解説もここで一旦終わりです。

つぎは、プラグインやウィジェットのことをまとめ、改めてご紹介いたしますね。


WordPressテーマ

Lightning Pro


Vector,Inv.社の企業サイトに最適なサイトづくりができるテンプレート。無料版とプロ版があり、プロ版は「ああ、これが欲しかった」という機能が盛り込まれており、大変オススメ。

ライセンスは一年間、次年度以降は更新してもしなくても利用し続けることはできます。更新した場合は、引き続き製品のアップデート、フォラム参加の権利があります。

デモ版も体験できます。

くわしくは、公式サイトホームページをご覧ください。

Lightning WordPress Theme

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!

 

そのほかにも沢山ありますよ♪

PAGE TOP