1. Home
  2. /
  3. テーマ
  4. /
  5. 2021年|WordPressの無料テーマオススメ3選
テーマ

2021年|WordPressの無料テーマオススメ3選

【2021年3月】WordPressの無料テーマオススメ3選

無料テーマ紹介のページが沢山あるんだけど、結構情報が古いのが使い回されているのがなあ、と不満に思ったので。

確かに古いのも良いのがあるんですよ。だけど、開発が終わったテーマを使い続けても不具合に対応してくれるわけではないので、良いことはないです。

まずはオススメする3つを使ってみることをおすすめします。

そらまめ

WordPress歴10年以上です。ブロックエディタ好き。テーマはJINとLightning、Cocoonを使ってます。テーマやプラグインなどを試して使ってみるのが好きです。

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間1年)

WordPress無料テーマで安定してて使いやすい3選

次に紹介するテーマは、一度は耳にしたことがあるかもしれません。どれも有名なテーマです。

実際に私も利用したことがあります。

日本語無料テーマでいえば、これらのどれを利用して間違いありません。

  • Cocoon(コクーン)
  • Lightning(ライトニング)
  • Luxeritas(ルクセリタス)

では、ひとつずつ説明します。

Cocoon(コクーン)

次のような特徴があります。

万能タイプなテーマ

 ブログスタイルですが、ホームページ・ランディングページでも利用可能です

 強いて言えば、会社用のホームページとして運用する場合は、トップページの構成は自分で考えないといけません。難しい時は、ブログスタイルで良いでしょう。

デザインがとてもシンプルで着せ替えスキンが豊富

 とってもシンプルなデザインなので使いやすい。配色パターン着せ替えも簡単にできるので、好みのパターンが見つかる可能性が高いです。

 この着せ替え機能、実はありそうでない機能の一つ。さらにCocoonのように一括で変更できるとなるとさらに少ない。独自の管理画面からすぐに変更できるので分かりやすいのも良いですね。

 今回オススメする3選の中では、ダントツで着せ替えスキンが多いテーマです。

WordPressブログ運営に必要な機能がほとんど揃っている

 独自の設定画面からほとんど設定できるようにしてあり、アフィリエイトなどで利用する時も便利です。

 サイト制作において、色々と学びながらいくことになります。全部の機能を使いこなすというよりも、必要に応じて設定を追加変更していく、というのが良いです。

 Cocoonは無料テーマとしてはありえないくらい高機能なテーマです。手始めにCocoonからと軽々しくいうのもおこがましい気持ちになってしまいます。

沢山の人に愛用されている活発なフォーラム

 フリーなのに有料級の性能をもっているテーマなので、ベテランからビギナーまで多くの人が利用しています。

 フォーラムも活発ですし、ネットではカスタマイズ情報などが多く見つかります。不具合などに対するアップデートも早く、安心して利用することができます。

 ただ、無料なテーマの上にフォーラム運営、おそらく手が回らないことも多いのではないかと思うのです。なるべく自分で問題を解決できるように、ググって検索して対応しましょう。

ファンによるカスタマイズサイトも豊富

 Cocoonのすごいところは、沢山の人に愛されているんだな、って思えるところ。

 その一つがカスタマイズなど紹介したサイトが豊富にあることです。私も作りたいのですが、先達のページがあまりにもすごいので、二の足を踏んでいるところです😂。

完全無料のWordPressテーマ!

 次にご紹介するテーマと異なり、このテーマは完全無料のテーマです

そらまめ

 100%無料で初心者でも使いやすいのでオススメ!特に個人ブログでは問題ないでしょう。

Lightning(ライトニング)

このサイトでもLightningProのトップページ構成完全解説を作ってます。

このLightningというテーマは秘めているポテンシャルが高いWordPressテーマです。

ホームページ・ランディングページとして完璧

 個人事業・中小企業〜でも簡単にホームページを用意できる、会社で利用してもまるで問題ないものになっている。もちろん、ブログとしても利用することができるテーマです。

 多くのテーマで困るトップページ作りも、毎月のようなアップデートを重ねるうちに、なんとほぼ完璧なトップページが作れてしまうブロックリスト(WordPressの編集時に利用する機能の一つ。色々な文章構成要素の組み合わせ)を追加するだけでページができてしまうものまで開発されてます。

 有料・無料版とあり、細々とした機能比較は割愛しますが、無料を使っていて「あ、こういう機能使いたいな。Pro版にあるかな?」という感じでもしあれば購入しても良いのかと思います。

オリジナルプラグインによる拡張機能とカスタマイズ性の高さ

 プラグインを利用することで、便利に編集できる機能がどんどん追加される仕組みです。

 プラグインは、ほぼ毎月のようにアップデートが繰り返されています。また、1年のうちにいくつも有料級の機能追加もあります(但し、有料版の方。無料版は不具合修正+αが多い)。

WordPress公式テーマである

 WordPress公式テーマであるというのは凄いことみたい。(私も後から知った)

 言われてみれば、WordPressの管理画面からテーマ検索してインストールできるのは確かに便利だし、安心感があります。

 同様にプラグインも公式プラグイン扱いなので、WordPressの更新通知から更新できる。これも管理がとても楽になるので大変ありがたい。

有料のPro版は、さらに機能が追加されていて表現の幅が広がっている。

 Pro版は、一言で言えば「さすがプロ版。わかってる」。

 私、長年ページを作り続けているし、検索対策とかホームページの構造とかわかってる人がみると、さすがだなあと思うに違いない。

 ああ、それは古いスタイルだよという声が聞こえてきそうだけど。古いのではなくて、基本原理原則に忠実なのだと思う。製作者さんの言動やサポート姿勢をみていると、そういうのまで分かってくる。

 有料ならこのテーマ一押し

フォーラムや勉強会が活発

 ユーザー向けに勉強会を開いたり、フォーラムで質問に応えたり。開発者の石川さんの神対応は大変有名です。Pro版購入者になりますが、申し込めば勉強会に参加でき、フォーラムでも質問ができたりします。

 ですが、無料版をつかっているのであれば、自分で解決を目指すのが一番ですし、どうしても質問をしたいのであれば、サポート対応の料金を支払うことをお忘れなく。

 プラグインによる機能追加でテーマの安定性がピカイチ。追加したい機能があるのであれば有料版を使うべき。特に中小企業サイトやLPなど大量に作成する場合、このテーマが役立ちます。

Luxeritas(ルクセリタス)

 このテーマは、表示スピードが爆速で有名なテーマです。

ブログ・メディアサイト向けのテーマ

 使用者の力量によって、見栄えを変更したり機能を追加したりするのを基本にしているように思う。使い方次第でどうとでもなる、自由度の高いテーマです

 そのため、カスタマイズ情報では、適用できるCSSなどの情報が多い。とはいえ、基本でもかなり使えるテーマです。

ページの表示速度が爆速

 このテーマが支持されている最大の理由が表示スピードの速さです。

 ページが表示される速度は、ブログ記事を作っていけば必ず突き当たる問題です。初期の段階で100点あれば、あとは画像サイズや使用数などに注意して作成すれば、大きく点数が下がることも心配しなくて良いです。

 なお、100点をキープするのはかなり難しいと思うのですが、必ずしもキープしなければいけないというものではありません。

公式フォーラムがなく、情報は公式サイトの記事にぶら下がっている質問や、ネットで検索して探し出す必要がある。

 今ではネットで検索して解決するのが当たり前になってますから、何か解決したい問題が有るならば、すぐにググってみるのが一番良いと思います。

 それにも関わらず問題が解決しないのであれば、実現したい内容や調べたことなどを併せて開発者の方に問い合わせるのが一番です。

 ただし、大変お忙しいので、必ず回答がくるわけではない、と開発者さんも書かれていました。

 素晴らしいテーマですが、コピーライトを削除するためだけのプラグイン販売が惜しい。それだと高く感じてしまうから、もう少し何かあってもよかった。ブログやメディアサイトなどにぴったりなテーマです。

有料テーマにしなくてもいいの?

 有料テーマをいきなり買う必要はありません

 もし個人ブログをはじめて作るのであれば、最初は無料テーマを使うべきです。使っているうちに、自分が不便に感じるところが出てきます。

 その時、CSSやプラグインでも解決できず、自分でテーマをカスタマイズすることができない(もしくは時間がない)のであれば、そのタイミングでその他のテーマを探してみることをおすすめします。

 ブログテーマ変更は、少し手間ですが後からすることも可能です。

有料テーマを選ぶタイミングは?

ホームページ・ブログの目的がよりはっきりした時でよいです。

なによりも個人の場合は、本当にブログを続けることができるのか、がポイントになると思います。

続けていくうちに、

・どんな機能が欲しいか
・どんなことがポイントか

などがわかります。

それに合うようなテーマを購入したら良いと思います。

有料テーマ、となると個人の判断基準が異なるのでこれが良いというを一言では言えないのですが、少なくとも新しいテーマを試した時はこちらのサイトでレビューを載せてみたいです。

無料テーマを選ぶヒント

 無料で有名なテーマは沢山あります。それらを一つずつ説明はしませんが、テーマを選ぶ時には、下記の点に注意して選びましょう。

開発が終了していないか

 過去に素晴らしいテーマであっても、1年以上も更新されない、終了宣言されているのであれば。あとから苦労する可能性があるので、選ばないほうが良いでしょう。

 ご自分のWordPressの技術が上がった時、それらを参考にして学ぶ方法もありますが、WordPress5.5からエディターが大きく変わり、WordPressテーマ自体の考え方・作り方も変わっています。

 なるべく今もサポートが続いていて、開発が止まっていないテーマを選びましょう。

有料版にアップグレードできるか?他に費用が発生するか?

 無料版のテーマによっては、有料版にアップグレードすることで機能追加やクレジットの非表示などが提示される場合があります。

 その無料版を気に入り、有料版の機能も使いたいのであれば、購入することも検討して良いと思います。

 その際は、買い切りなのか、サブスクリプション(毎年購入)なのかを必ず確認しましょう。

 上記でご紹介したLightningは、Pro版があります。これは特別なサブスクリプション型です。1年後に購入するかどうかは購入者に委ねられています。購入しなくてもそのテーマは使用続けられますが、アップデートを受けることができなくなります。

 Luxeritas(ルクセリタス)はプラグイン購入でフッターのクレジットを非表示にできる、というものです。個人ブログでもフッターに広告のようにテーマ名が入るのが嫌な場合は、購入して非表示にするのも良いでしょう。

まとめサイトに惑わされない

 私のサイトでは3つしかご紹介していませんが、実際、その他にもテーマは沢山あります。

 ですがその中には、古いテーマも一緒に紹介されています。WordPressを始めたばかりだと、新旧の区別もつけにくいと思います。

 その場合は、実際にその公式サイトを訪問してみて更新情報を確認しましょう。また、Googleなどで検索し、そのテーマについて少し調べてみましょう。

テーマは簡単に変更できるが修正しないといけない

 テーマが自由にきせかえできて便利。WordPressの良いところです。

 しかし、それも最初期の場合のみと思っておいてください

 理由として、各テーマではそれぞれの見栄えを良くするためにオリジナルのCSSを使って表現を変えています。これらは当然他のテーマには引き継げません。

 テーマを変更すると、そのオリジナル部分を使用した分だけ、ひとつずつ手作業で修正していくことになります。

 ですので、できればテーマの変更がなくて済むように、事前に最低限自分がやりたいことが簡単にできるのか、できないなのか、という点を確認することを忘れないようにしましょう

 もし手元にパソコンがあるなら、WordPressをパソコンへインストールして動かすこともできます。これを仮想環境といいます。この仮想環境でテーマをインストールしてみて、動きを確認するのも良いと思います。

 仮想環境の作り方をご紹介したページはこちら。

WPTG-use-wordpress-on-mac
WordPressをMacで使う!初心者もMAMPで大丈夫!WordPressをMacで使うことができます。Macで使えるようになると、公開する前に記事を書き溜めておいたり、ウィジェットなどの調整をして予め確認することができます。ここでは、MAMPというアプリの使い方とWordPressのインストール方法をご紹介します。...

まとめ

■無料版テーマとして次の3つをご紹介しました。

■有料版を購入するタイミング

  • ホームページ・ブログの目的がよりはっきりした時
  • 自分がほしいと思った機能が無料版になくてどうしても使いたい時

■自分で無料テーマを選ぶ時に注意すべき点

  • 開発が終了していないか?
  • 有料版にアップグレードできるか?
  • まとめサイトに惑わされない

長くなってしまいました。最後まで読んでくださりありがとうございました。

WordPressを体系的に学ぶなら

インターネット上には沢山無料で学べる場所があります。でも、体系的にしっかりと学びたいのであれば、有料のコースを活用するのも一手です。

Udemyは有名なオンラインレッスンコース。WordPressだけに限らない、様々なことがプロのビデオを観ながら学ぶことができます。

udemy

時々セールをするので、その時が狙い目!

 

そのほかにも沢山ありますよ♪

PAGE TOP